メール交換のマナー

ネット上でパソコンや携帯電話のメール機能を使って通信し合うのは今では多くの人がしていることです。
それこそ日常茶飯事のことですが、メル友サイトなどでのメール交換には気を使いたいものです。
何事にも不文律的な約束事とかマナーがありますね。
そして、大概の人はそれに無意識にせよ意識的にせよ従っているものです。
手で書く手紙にもマナーや決め事があるようにメールにもマナーがあることを認識するようにしましょう。
メール交換でのマナーの第一は礼儀です。
なにしろ見ず知らずの相手の人にメールで話しかけるのですから、礼儀が必要になります。
そしてそれを受けた側の人にもそれなりの礼儀が欲しいものです。
しかし、ここで言う礼儀は馬鹿真面目な礼儀のことではありません。
常識と良識を持ったメールを書いて送ることです。
メル友になって欲しい相手の人にメールを送るのは通常ファーストメールと呼びますが、このファーストメールで大体その後のことが決まると考えましょう。
良くネット上にはこのようなメールの書き方が見本のようにありますが、それをそっくりそのまま使うようなことは避けたいものです。
例えそれが模範的なものでも、人間には個性がありますから自分の言葉でメールを書くようにしましょう。
部分的に似たような文章になることは止むを得ません。
1+1は2なのですから、そのような場合があっても致し方ないでしょう。
とにかくメールを交換するときには相手の人の立場を尊重して丁寧で礼儀正しいメールを送りたいものです。
そして、特に最初のメールでは簡潔でしかし必要なことは全てを網羅した自己紹介を書くようにしましょう。
そうでないとそのメールを受け取った人は困ってしまうでしょう。

Copyright © メル友パーク
All rights reserved.