アドレス交換で気をつけること

ネット上にあるメル友サイトが実施している会員への調査では、アドレスはすぐに交換したい、アドレスはすぐに知りたいという人がかなり多いようです。
しかし、その一方でアドレスを交換するのは相手によるという人の数も多いのです。
これは一人ひとりのメールアドレスに関する考え方や、すぐにメールを交換したいという単純な考え方によるのでしょう。
確かにメル友が出来ればすぐにメールの交換をしたいのは人情です。
しかし、今の世の中には良い人が沢山居ますが良からぬ人も大勢いますから、すぐにメールアドレスを交換するかしないかは、判断に悩むところです。
嫌な思いをしないで安全を期するのであればすぐにメールアドレスを交換しないほうが無難でしょう。
もう少し相手を見極めてから、この相手の人ならばお付き合いができると判断した段階でメールアドレスを交換するほうがトラブルや嫌な思いをする確率は低くなるでしょう。
しかし、一方でメールアドレスの交換になかなか応じてもらえないと、相手側の人は様々な憶測をするでしょう。
曰く、自分は信用されていないのだ。
曰く、相手は臆病すぎるからメル友になっても会話がはずまないのではないか、などです。
誰でも人は未知のものを早く知りたがりますが、一方で未知のものに対しては不安もあります。
そして、考えようによっては早く知ったほうが安心できることがあります。
そのような意味ではメールアドレスは早めに交換するほうがお互いにとって不安という障害をクリアできるのかも知れません。
そして、その後はお付き合いをしたくなければ丁重にお断りすれば済むことです。
そうではない場合には着信拒否の手続きをとることができますから、それほどメール交換のタイミングに拘る必要はないでしょう。

Copyright © メル友パーク
All rights reserved.